禁煙補助

快適な禁煙生活を送るためには、補助薬の存在は欠かせません。

禁煙治療を行っている医院では、禁煙補助剤を処方

世界的にたばこを吸うことは体に悪いことが知られていますので、禁煙を推奨する流れになっています。
日本でも喫煙はニコチン中毒によるものと捉えられており、病院での治療が始まっています。
禁煙外来が設置されている医院であれば、禁煙補助剤による治療が受けられるようになっており、チャンピックスなどの医薬品が処方されます。
たばこを止められない原因はニコチンにあるとされており、ニコチンが脳内の受容体と結合すると快楽物質であるドーパミンを放出します。
これによって中毒症状を発症して、たばこを止めることが難しくなります。
今までの禁煙治療では、ニコチンが含まれているガムなどを使って行われることが多かったですが、現在では禁煙補助剤を処方する方法が主流です。
禁煙補助剤は薬局で気軽に購入することができる種類の薬ではなく、治療が受けられる医院で診療を受けることで処方してもらえます。
チャンピックスにはニコチン受容体と結合して、一定量のドーパミンを放出させる作用がありますので、たばこを吸わなくても離脱症状を感じることなく治療が行えます。
100%の活性化ではなく、一定量の活性化となりますので、少しずつたばこを吸う本数を減らしていけます。
禁煙補助剤は医薬品で、副作用を発症する可能性もあることが報告されていますので、専門の医院を受診することで医師のアドバイスによって服用することが望ましいと考えられます。
チャンピックスを服用することによって、万が一めまいや吐き気などの症状が発生したときには、服用を中止することが良いです。
また、眠くなる作用もあるとされていますので、自動車の運転を行うときには注意して使用する必要がありますし、体調が悪くなったときにはすぐに医師に相談することをおすすめします。