禁煙補助

快適な禁煙生活を送るためには、補助薬の存在は欠かせません。

ニコチン受容体に働きかける人気の禁煙補助薬

喫煙しない人にとっては理解できない事ですが、喫煙者にとって禁煙するというのはかなり大変な事なのです。
最近ではタバコの有害性が広く知られており、喫煙者もタバコを吸う事が体に良くないという事は理解している人が大半です。
理解はしていてもタバコを止める事は非常に大変な事であり、それはたばこに含まれるニコチンによる中毒性の高さが原因となっています。
タバコを吸うと血中のニコチン濃度が上昇し、脳の神経細胞にはニコチンに反応するニコチン受容体と結びつき、快感をもたらす神経伝達物質のドパミンを放出するようになります。
ドパミンが放出される事によって、ますますタバコを吸いたくなるようになります。
それで終わりではなく、ニコチンを摂取し続けているとニコチン受容体の数が減っていき、より多くのニコチンを摂取しないと以前のような快感が得られなくなってタバコの本数が増えます。
その快感に慣れてしまうと、今度は快感がなくなった時の離脱症状としてイライラするようになります。
このような中毒症状は頭の良さは関係なく脳を支配するために、よほどの意思が無いと喫煙を止められないのです。
最近人気の禁煙補助薬は、ニコチンに似た構造をしていてニコチン受容体とくっつきます。
そうするとドパミンが放出されますが、ニコチンの三分の一程度の量であり、満足感を得られながらニコチンへの依存性を減らしてくれます。
また、ニコチンよりも長くニコチン受容体と結合し、その間にタバコを吸ってもニコチン受容体とニコチンが結合しなくなるために、タバコを吸う事による満足感が得られなくなります。
禁煙補助薬はこのような二つの効果で禁煙成功率が高く人気となっています。
ただ、最も大切なのは自分の意思であり、禁煙補助薬は人気があって禁煙成功率が高くても、補助に過ぎないという点は忘れてはならないです。